簡単・時短・節約料理の体験ブログ

簡単で時短、そして節約につながるか調理法の気づいた点をご紹介します。

脂身嫌いな私が作った「豚の黒糖角煮」

こんにちは、毎日春が近づいていますね。

 

周りの人を見ると、薄着の人が増えてきています。

 

風が冷たそうだからと、うっかり厚手のコートを羽織ったまま出かけると、恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

今日は、豚のバラ肉を使って低温調理をしてみました。

 

私好みには出来あがらなかったですが、意外にも夫は気に入ったようでパクパク食べていました。

 

それでは、どのように作ったかをご紹介しますね。

 

f:id:mejor:20200311193318j:plain

茹でた卵とブロッコリーを添えて

 

豚の脂身が苦手な方はいませんか?

 

実は、私は肉の脂身が苦手で残してしまうんです。(もったいない!)

 

太ることも気になりますが、子供のころからの好き嫌いが影響しているんですね。

 

周りの家族や友人は肉好きが多いので(こっちが普通?)、自分が好きではないからと、全く料理しないわけにもいきません。

 

そんな時、若宮寿子先生の書籍で紹介されていた「豚の黒糖角煮」は作ってみたいと思っていました。

 

「3時間ゆっくり火を通すと、口の中でとろける」おいしさと書かれていました。

 

もし、自分で作ってもこんな風に出来上がるのなら、やってみたい。

 

だってスーパーで売られている「角煮」や「チャーシュー」は、柔らかいんだけど味付けが濃すぎるので。

 

 

f:id:mejor:20200311193239j:plain

脂身がしっかりと入ったバラ肉

 

材料(2人分)

豚バラ肉(ブロック)   350g

 

調味料(A)

  •   黒砂糖     大さじ3
  •   酒       大さじ1
  •   しょうゆ    大さじ2
  •   だし汁       50ml
  •   ショウガ(スライス)6枚

 

作り方

 

  1. 豚肉は食べやすい大きさに切る
  2. ポリ袋にAと1,を入れもみ込んで味付けをする
  3. ポリ袋の空気を抜いて袋の口を閉じる
  4. 炊飯器に2,と70℃の湯を入れて3時間保温する
  5. ポリ袋を取り出し、袋のまま氷水で20分冷やす
  6. ポリ袋の下の角をハサミで切って、汁気を出す
  7. 袋の下から肉だけを取り出す
  8. 肉から分離した脂が袋の上部に残っているので、そのまま捨てる
  9. 肉を電子レンジ(600W)で2分加熱し、汁をかける

※ 氷水で冷やすことで、肉と余分な脂を分離することが出来る。

 

食べてみた感想は?

市販の角煮やチャーシューのような、濃いインパクトのある味ではありません。

 

コクもやや物足りない方がいるかもしれませんね。

 

私にとっては、淡泊な甘辛さでちょうど良かったです。

 

余分な脂は捨てていますが、汁にはかなりとろみが残っています。

 

柔らかさ

私が思っていたような、「箸で簡単にほぐせる」ほどには柔らかく出来ませんでした。

 

低温でじっくり加熱すれば、バラ肉がすごく柔らかく調理できるイメージだったのに。

 

「できるだけ食べやすく柔らかく」は、歯肉ガンの手術をした夫のためだったのですが、意外にも夫は小さくハサミで切り分け、あっという間に食べていました。

 

汁にとろみがついているので、飲み込みづらいお年寄りでも大丈夫かもしれません。

 

市販品に比べれば、ちょっと薄味でお安く作れるので、良かったらお試しください。

 

 

 

www.kantan-jitan.com

 

 

 

www.kantan-jitan.com