簡単・時短・節約料理の体験ブログ

簡単で時短、そして節約につながるか調理法の気づいた点をご紹介します。

スープジャーを使った「イチゴとキーウィのコンポート」

こんにちは、春真っ盛りですね。

 

外出がままならず、今年の春は「いちご狩り」などなかなか楽しめません。

 

保温調理で、一番簡単そうな「イチゴとキーウィのコンポート」を作ってみました。

 

生で食べる果物も美味しいですけど、熟しきらないものを買った時はコンポートにするのがおススメです。

 

アイスクリームを添えたり、クラッカーに載せるのも良いですね。

 

f:id:mejor:20200406131556j:plain

イチゴとキーウィのコンポート

  

 

材料と作り方

1人分の材料

イチゴ      5個

シロップ(A)

  • 砂糖    大さじ2
  • 湯(60℃)  50ml

 

キーウィ     1個(100g)

シロップ(B)

  •  砂糖    50g(キーウィの半分)
  • 湯(60℃)  100ml  

下準備

スープジャーに熱湯を入れて蓋を閉め、温めておく。

 

作り方

  1. イチゴはへたを切り落とす
  2. キーウィはヘタと芯を除いて、皮をむく
  3. 二つのポリ袋にそれぞれ砂糖と湯を入れて、スプーンなどで混ぜる
  4. 1,と2,を3,に入れて、しっかり空気を抜き口を閉じる
  5. 下準備をしておいたスープジャーの熱湯を捨てる
  6. 4,と60℃の湯をジャーに入れて、30分保温する
  7. 6,のポリ袋を取り出して、氷水で10分冷やす
  8. キーウィとイチゴをポリ袋から出して器に盛る

f:id:mejor:20200406134817j:plain

一度冷水で冷ます

作ってみた感想は?

 

f:id:mejor:20200406072436j:plain

イチゴのコンポート

使ったイチゴは「とちおとめ」で、すぐに食べるにはやや固く酸味が有りました。

 

時間をおいてから食べても良かったのですが、出来れば「今日食べたい!」と思ったので、コンポートにしてみました。

 

砂糖の量はそれほど多くはないので、程よく甘く柔らかい出来上がりで満足です。

 

キーウィのコンポート

ニュージーランド産のグリーンキーウィを使いました。

 

これも、スーパーで買った直後はまだかなり固く、酸っぱめでした。

 

レシピでは、丸ごと1個のままシロップに漬け込むようでしたが、私は6等分にしてコンポートにしました。

 

これも口当たりが柔らかく、とても食べやすくなりました。

 

f:id:mejor:20200406072452j:plain

味は?食べ方は?

 

イチゴもキーウィーも、コンポートにすると甘みが強まり味が濃厚です。

 

暑い日なら、炭酸水を注ぐとさわやかなドリンクになります。

 

キーウィ丸ごと1個に、アイスクリームやヨーグルトを合わせると、デザートとして使えます。

 

クラッカーのカナッペなどに使っても、良さそうです。

 

氷水で冷やす時に、うっかり氷を準備していなかったことに気づきました。

 

見栄えは悪いですが、保冷剤を入れた冷水で代用することにしました。

 

お年寄りや赤ちゃんが、食欲のない時にも向いています。

 

 

www.kantan-jitan.com