簡単・時短・節約料理の体験ブログ

簡単で時短、そして節約につながるか調理法の気づいた点をご紹介します。

2品同時調理!「きのこのベーコン煮」

こんにちは、今日は暖かくとても良いお天気でした。

 

スーパーの棚には、ようやくトイレットペーパーやティッシュが並んでいました。

 

とはいえ、「一家族様1パックでお願いします」とのただし書きが付いていますが。

 

どちらにしても、少し安心できました。

 

中国肺炎の治療に「アビガン」や急性膵炎のお薬が効果があるなど、期待できる話も聞こえてきます。

 

是非、早くワクチンや治療薬が出来て欲しいですね。

 

ところで、今日は先日の「肉じゃが」と同時に保温調理した「きのこのベーコン煮」をご紹介します。

 

f:id:mejor:20200315173012j:plain

キノコにベーコンのうまみが!

 

 

材料(2人分)

しいたけ        4枚

しめじ         100g

エリンギ        2本

ベーコン        2枚

調味料(A)

  •  オリーブオイル   小さじ1
  •  白ワイン      大さじ1
  •  コンソメ(顆粒)  小さじ1
  •  水         50ml
  •    塩・こしょう    各少々

 

作り方

  1. しいたけは石突を取って5ml幅に切る
  2. しめじは石づきを取ってほぐす
  3. エリンギは長さを半分、5mm厚さ、1cm幅に切る
  4. ベーコンは1,5cm幅に切る
  5. ポリ袋に1,2,3,4,とAを入れ、もみ込んで味付けする
  6. ポリ袋の空気を抜いて口を閉じる
  7. 土鍋に6,と水を入れて沸かし、5分煮たら火を止める
  8. 蓋をしてタオルで包み、2時間保温する
  9. 具材を袋から出して器に盛り、汁をかける

f:id:mejor:20200315173043j:plain

こちらがポリ袋に入れた具材です

 

作ってみて感じたこと

常備菜としてとても便利

 このメニューは、肉料理や魚料理の副菜としてとても便利。

きのこ類は低カロリーで食物繊維も豊富です。

健康面でも、たくさん摂りたいですよね。

 

冬は鍋料理があるのできのこ類をよく食べますが、春・夏はつい忘れがち。

でも、これなら作り置きしておけて重宝します。

味も、きのこがベーコンのうまみを閉じ込めていておいしいです!

 

 

 複数の品数を一緒に煮ると手間が省ける!

前回ご紹介した「肉じゃが」と今回の「きのこのベーコン煮」は、一緒に作りました。 

煮る時間と保温時間が違うため、途中でポリ袋を別途、加えたり出したりします。

 

1, 「肉じゃがポリ袋」だけを湯で3分煮た後、同じ鍋に「きのこポリ袋」を入れ一緒に5分煮る。(「肉じゃが」は計8分煮る)

 

2, 2時間保温した鍋から「きのこポリ袋」だけを取り出し、そのまま「肉じゃがポリ袋」だけさらに1時間保温する。

 

以上の手順で、2品を一つの鍋で調理出来ました。

 

同じ献立に並べるにはちょっと違和感?のある二つなので「きのこのベーコン煮」は、常備菜用として冷蔵庫に保存しました。

 

ポリ袋調理のメリット

材料を切ったらポイポイとポリ袋に放り込み、各調味料と合わせて空気を抜きます。

 

その後、同じ鍋で煮た後2・3時間ほったらかしに出来ます。

 

これが何ともストレスフリーで、時間を有効に使えるんです。

 

吹きこぼれや焦げ付きを気にせずにいられるので、その間に洗濯や掃除が出来ました。

 

冷蔵庫にある材料で、複数の保温料理ができる時は、是非一緒にやるべきですね。

 

それでは。 

 

 

 

www.kantan-jitan.com

 

 

www.kantan-jitan.com