簡単・時短・節約料理の体験ブログ

簡単で時短、そして節約につながるか調理法の気づいた点をご紹介します。

ポリ袋で作ったら「肉じゃが」が煮崩れない!

こんにちは、一昨日は各地で雪が降りビックリしました。

 

昨日・今日は朝ちょっと冷え込むものの、気温も上がるようですね。

 

公民館や図書館、ジムなどが全てクローズになっているので、どうしても家で過ごすことが多いです。

 

まだまだ、ティッシュもトイレットペーパーも品薄で驚きますね。

 

マスクと違って、100%国内で生産しているので品物は十分にあるはずなのに。

 

一昨日は離れて暮らす子供たちに、予備のティッシュトイペゆうパックで送りました。

 

仕事をしていると、なかなか買い物もできないでしょうから。

 

ところで、前回「バラ肉」を低温調理して「思ったより柔らかくない?」と思った理由が分かりました。

 

他の方のブログで、低温調理について書かれているものを読んでいたら「低温調理は脂身よりも赤身に向いている」と書かれていたのです。

 

シンプルなポリ袋と炊飯器だけでの低温・真空調理では、レシピ通りに上手にいかないことも多そうです。

 

若宮寿子先生は講習会で大きめの炊飯器を使っていたので、その違いも大きそうです。

 

コロナ騒動が落ち着いた頃には、また講習会が開かれるとのことです。

 

是非また参加しようと思います。

 

ところで今回は、「肉じゃが」を作りました。

f:id:mejor:20200315173141j:plain

飾りに「さやえんどう」は欠かせませんね。

 

 

材料(2人分)

  • 牛バラ肉(薄切り)     150g
  • ジャガイモ         2個
  • 玉ねぎ           1/2個
  • にんじん          60g
  • しらたき(あく抜きしたもの)1/2玉
  • サラダ油          小さじ1
  • さやえんどう        適量
  • 調味料(A)

   だし汁          100ml

      砂糖           大さじ2

   しょうゆ         大さじ2

   みりん          大さじ1

 

作り方

  1. 牛肉は5cm幅に切る
  2. ジャガイモは皮をむき、一口大に切る
  3. 玉ねぎは2cm幅のくし形切りに、にんじんは乱切りにする
  4. しらたきは5cm長さに切り、水洗いして水気を切る
  5. フライパンにサラダ油を熱し、1,をさっと炒める
  6. ポリ袋に2,3,4,5,Aを入れる
  7. ポリ袋の空気を抜いて口を閉じる
  8. 土鍋か鍋に7,と水を入れて沸かし、8分煮たら火を止める
  9. 蓋をしてタオルで包み、3時間保温する
  10. 具材を袋から出して器に盛る
  11. ゆでて適当な大きさに切ったさやえんどうをのせる
  12. 汁をかける

f:id:mejor:20200315173118j:plain

ポリ袋に入れてゆでる前はこんな感じ

作ってみた感想は

見た目はきれい

ジャガイモが煮崩れないので具材が元の形を保っています。

 

玉ねぎもしゃきしゃきとした歯ごたえが残っています。

 

にんじんや玉ねぎもクターッとしていないので、見た目が良いと思います。

 

煮崩れが嫌いな人には、お勧めしたい作り方です。

 

煮崩れが好きな人には向かない?

 実は、私は煮崩れしている方が好きなんですね。

 

ジャガイモの角が取れて、それらが他の具材に絡まるほうがおいしいと思います。

 

見た目はちょっとダサくても、鍋で直火で作るほうがそんな感じには出来ます。

 

ポリ袋調理のメリットを実感

とはいえ、別のメニューも同時に同じ鍋で作れたのはとても良かったです。

 

保温に使う鍋には、同じ水を入れっぱなしで繰り返し使えます。

 

水の中に調味料が漏れていないので、沸かすだけなら取り替える必要がないからです。

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

それでは、また。

 

 

 

www.kantan-jitan.com

 

 

www.kantan-jitan.com