簡単・時短・節約料理の体験ブログ

簡単で時短、そして節約につながるか調理法の気づいた点をご紹介します。

炊飯器の低温調理で「さばのみそ煮」!

2月6日の講習会では、「さばのみそ煮」を作りました。

 

「さばのみそ煮」を、わざわざ低温調理するの?と思いますよね。

でもメリットがいろいろあるんですよ。

今回は炊飯器での魚調理についてご紹介します。

 

f:id:mejor:20200302121935j:plain

魚も低温で調理すると身が固くなりません。

 

さばのみそ煮

材料(2人分)

・さば        2切れ(1切れ60g~120g) 

・調味料(A)   

  • みりん      大さじ1
  • 酒        大さじ1
  • しょうゆ     小さじ1
  • みそ       大さじ1
  • 砂糖       小さじ1
  • ショウガ(薄切り)小1かけ

※ さばの1切れサイズは小さければ60g、大きければ120gまで大丈夫です。

 

作り方

  1. ポリ袋にAを入れて混ぜ、さばを加え最後にショウガを加える
  2. ポリ袋の空気を抜いて口を閉じる
  3. 炊飯器に1、と70℃の湯を入れて40分保温する
  4. さばを取り出して器に盛り、汁をかける

 

※ さばの骨でポリ袋に穴が開くのが心配なら、チャック袋に入れると良いです。

 

さばとショウガのメリット

さばを食べる良さは?

青魚の脂に含まれるEPAには、血液をサラサラにする効果が有ります。

また、DHAコレステロールを下げるために、脳細胞に良い影響を与えます。

私のような中高年女性は、悪玉コレステロールが増えがちなのでありがたいです。

 

血合いの部分には豊富に鉄分が含まれているので、捨てずに食べましょうね!

 

また、現代人は様々なアレルギーを持っていますよね。

私もスギ花粉でくしゃみや鼻水が良く出ますので、毎年春先は困っています。

ところが、毎日手のひらサイズの旬の魚を食べていると、アレルギーが少なくなるそうです。

もっともっと、魚のメニューを取り入れたいですね。

 

ショウガは生より加熱で摂る! 

最後に、ショウガには体を温める薬効成分が有ります。

辛み成分が発汗作用を促すため、風邪をひきにくくします。

 

ショウガは、生よりも加熱した方が効果がUP!するそうですよ。

香りが強まり食欲を刺激しますし、毒消しや吐き気止めの作用もあります。

 

作ってみて感じたこと

調理の失敗は無し!

肉の調理に比べると、熱の通りに不安が無く簡単です。

直火で作ると、味噌・みりん・砂糖などが入った調味料は焦げ付きやすいんです。

炊飯器で作れば、「ちょっと目を離したすきに焦げてしまった!」なんてことがありません。

 

出来合いの調理済み食品は不経済

実は、今までよく冷凍の「さばのみそ煮・骨とり済み」を買っていたんです。

熱湯で温めるだけで、ちょうど良い味付けのものが食べられますからね。

でも、お金の面で考えるとやっぱり割高です。

二人分の材料と同じ分量の出来合い品を比べると、出来合いのものは2倍の金額です。

 

手軽にできて、栄養面でも節約面でもこのメニューは絶対おススメです。

 

 

www.kantan-jitan.com

 

 

www.kantan-jitan.com