簡単・時短・節約料理の体験ブログ

簡単で時短、そして節約につながるか調理法の気づいた点をご紹介します。

保温するだけ!「鮭のレモン煮」

こんにちは、今日はとても暖かい一日でした。

 

日中の気温は20℃を越し、4月中旬から下旬の陽気だそうです。

 

この20℃という気温は、本当に心地よく過ごせますね。

 

窓を大きく開けて風を入れることが出来ますが、花粉だけは要注意!

  

さて、今日は春らしい気持ちで「鮭のレモン煮」を作りました。

 

f:id:mejor:20200311193206j:plain

鮭のレモン煮は色がきれい

 

材料(2人分)

鮭            2切れ

塩・こしょう       各少々

ブロッコリースプラウト  適量

調味料(A)

  •   オリーブオイル    小さじ1
  •   レモン(輪切り)   4枚
  •   白ワイン       大さじ2
  •   バター        8g

 

作り方

鮭は塩、こしょうを振って下味をつける

ポリ袋に(A)を入れて液体を混ぜ合わせ、1,を加える

ポリ袋の空気を抜いて口を閉じる

炊飯器に2,と70℃の湯を入れ、蓋を開けたまま40分保温する。

具材を袋から出して器に盛り、汁をかける

ブロッコリースプラウトを添える。

 

f:id:mejor:20200311193356j:plain

炊飯器の蓋は開けておきます

 

作ってみて感じたこと

この料理はとにかく簡単で、失敗はしません。

 

調理時間はほぼ保温時間の40分だけで、ほったらかしでできます。

 

下準備は、買い置きしてあった鮭の切り身の表面に塩・こしょうをするだけです。

 

売られていたものは「甘塩」だったので、塩の分量は控えめにしました。

 

生のレモンが無い時は、果汁100%の濃縮還元(ポッカレモン)でも、味と香りは楽しめます。

 

でも、鮭のピンク色とレモンの黄色が揃うと色鮮やかで、食欲をそそられます。

 

今回、初めて炊飯器の蓋を開けたまま40分間の保温をしました。

 

たぶん蓋を閉めると少し温度が高めになり、魚に火を通すには強すぎるからだと思います。

 

ただ、実際に蓋を開けたままにして温度計を見ていると、60℃台くらいに下がっていきました。

 

これは、炊飯器の大きさや機能によって違いがあるからでしょうね。

 

我が家の炊飯器は小さめで、パワーも弱そうなので、何度か蓋を閉めて調節しました。

 

ムニエルよりも気軽に作れる

 

鮭や白身魚の切り身と言えば「ムニエル」を作られる方が多いのではないでしょうか?

 

ムニエルって、私はよく失敗してしまうので苦手です。

 

表面に小麦粉をつける時に、急いでしまうせいかきれいに均一につきません。

 

バターや油で焼く時の温度の調整や、焼き目のつけたかも難しいです。

 

下手をすると、ちょっと生臭さも残ったりして。

 

以前料理番組を見ていたら、ムニエルってかなりテクニックが必要でした。

 

フライパンで、たっぷりのバターで揚げ焼きをしている感じでした。

 

バターを何度もスプーンですくっては、魚の上に繰り返しかけて火を通していました。

 

こうして手をかけると、香ばしくて魚の水分も抜けておいしくなるのでしょうね。

 

(私はカロリーを気にして、少なめのオリーブオイルで焼いていましたから)

 

レモン煮の味はどうだったか?

 

白ワインがほんのりと香り、レモンの酸味が効いて、とてもおいしかったですよ。

 

鮭は低温調理で柔らかく仕上がり、さっぱりと食べられます。

 

逆に、「淡白で物足りない」と思う方もいるかもしれませんね。

 

それではまた。

 

 

www.kantan-jitan.com

 

 

www.kantan-jitan.com