簡単・時短・節約料理の体験ブログ

簡単で時短、そして節約につながるか調理法の気づいた点をご紹介します。

「カレーのお好み焼き」&「カレー納豆トースト」ってどう?

こんにちは、

 

先日お知らせした、NHKの番組「シブ5時・シェフのヒトワザ」が予定通りに放送されました。

 

栄養士・若宮寿子先生

 

 4月21日(火)の放送分では、「いつものカレーをアレンジで食べきる!」という内容でとても面白かったです。

 

残ったカレーは、翌日に温めなおしても十分に美味しく食べられますけど、あっと驚くアレンジの仕方でもっと楽しめそうです。

 

f:id:mejor:20200424062107j:plain

カレーが残ってしまった時は?

 カレーお好み焼

<材料1人前>

  • カレー     お玉1杯分
  • キャベツ    100g
  • 卵       1個
  • 小麦粉     50g

 

  • サラダ油    小さじ2
  • ソース     大さじ1
  • マヨネーズ   大さじ1
  • 青のり     適量
  • かつお節    適量

f:id:mejor:20200424062118j:plain

普通のお好み焼きがカレー味に?

<作り方>

  1. キャベツを千切りにする。
  2. 卵をボウルに割りいれ溶かす。
  3. カレー、小麦粉、キャベツの順に入れそのつどよく混ぜる。
  4. フライパンを中火で熱し、油を引く。
  5. 生地を入れふたをして3分間焼く。
  6. 焼き色がついたら反対側も同様に3分間焼く。
  7. 焼きあがったら皿にのせ、ソースをぬる。
  8. さらにマヨネーズ、青のり、かつお節をかける。

カレーお好み焼きは、こんな感じ

見た感想

カレーが残ってしまう時って、肉やジャガイモなどの具材は少ないけど、ルーが多く残るんですよね。

 

私は、冷凍野菜にお湯を足して「カレースープ」くらいしかアレンジしていませんでした。

 

でも、カレーを一種の調味料として使うのは、美味しそうだし是非やってみたいなと感じました。

 

「カレー納豆トースト」

f:id:mejor:20200424062404j:plain

トーストを使ったカレーのアレンジは?

<材料1人前> 

  • カレー            お玉1杯
  • 食パン(8枚切り)      2枚
  • 納豆             1パック
  • マヨネーズ          適宜
  • パセリ(みじん切り)     少々
  • 練りがらし(納豆に添付のもの)1袋

<作り方>

  1. 食パン1枚を1,5cmのふちを残して、真ん中を四角くくりぬく。
  2. くりぬいた部分を1cm角に切る。  
  3. 耐熱ボウルにカレーを入れ、600Wのレンジで2分間加熱する。
  4. 3,に2,で刻んだパン、納豆、練りがらしを入れ混ぜる。
  5. もう1枚の食パンにくりぬいたパンを重ね、パンの器を作る。
  6. 5,に4,を詰めてマヨネーズをかけ、予熱したオーブントースターにいれる。
  7. 強火(250℃)で5分間焼く。

 

f:id:mejor:20200424062128j:plain

納豆もトーストの具材に変わる?

見た感想 

番組を一緒に見ていた夫は、「別々に食べても美味しいのに」なんて言ってました。

 

ただ、冷蔵庫を整理しながら「目新しいメニュー」を楽しんだり、工夫をするのはとても大切な事。

 

「カレーと納豆は合うんですよ。」と言う、若宮先生の言葉は今後の参考になりそうです。

 

カレー納豆トーストの出来上がりはこんな感じ

 

カレーの保存についての注意事項

鍋ごと保存するのではなく、作り立ての温かいうちに、できるだけ早く鍋から浅い容器に移し替え、冷蔵庫で急冷して保存してくださいね。

  

www.nhk.or.jp

 

www.kantan-jitan.com

 

 

www.kantan-jitan.com